脂肪肝について

脂肪肝

脂肪肝とはその名の通り、肝臓が脂肪をため込みすぎて太ってしまった状態の事を言います

 

健康な肝臓に含まれる脂肪は

 

3〜5%と言われています。その量が徐々に増えて30%を超えると、脂肪肝と呼ばれる状態になります。

 

脂肪がたまりすぎた肝臓は、人体の化学工場としての働きができなくなり、代謝や解毒を十分に行うことができなくなります。そうなると
日常的にだるさや疲労を感じたり

 

便秘や吐き気など

 

も起こります。ただ脂肪肝を自覚している人は少なく、症状が出ても脂肪肝と疑う人はきわめて少ないのが現実

 

脂肪肝の原因はアルコールと肥満

アルコール

脂肪肝の原因はさまざまですが、最も多いのは肥満とアルコールです。高カロリーの食事から発症するものを過栄養性脂肪肝、アルコールの飲みすぎに由来するものをアルコール性脂肪肝と呼びます。いずれも中性脂肪のとりすぎが根底にあります。

 

怖い病気ではないけれど、 その原因になる生活習慣に要注意

脂肪肝そのものはそれほど怖い病気ではありませんが、脂肪肝の原因になる

過食

 

運動不足

 

深酒

 

などの生活習慣が脂質異常症や糖尿病の原因と共通していることには注意が必要です

 

肪肝と診断されたということは

他の生活習慣病にかかる危険性が高い、もしくはすでに予備群になっているという事です。脂肪肝を指摘されたら、食事と運動を中心に生活習慣を全而的に見直し、問題点を改善するように努めましょう

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP