狭心症心筋梗塞は心臓に十分に血液が流れなくなる

心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈の硬化が原因で、血液が十分に流れない状態、つまり虚血状態になったときに起こる病気を虚血性心疾患と呼びます。その代表的なものに

狭心症

 

心筋梗塞

 

があります。

 

狭心症には2種類ある

労作性狭心症と安静時狭心症の2種類があり、

 

労作性狭心症は

 

何か動作をした時にその動作がきっかけになって起こる狭心症

 

安静時狭心症は

 

何もしていない時に発作を起こす狭心症

 

狭心症の発作が起こると、前胸の中央部に締めつけられるような痛みが起こり、顎や首のほか左肩、左腕などにも痛みを感じます。放散痛といって、みぞおちや背中などが痛む場合もあります。

 

狭心症の痛みは

 

ニトログリセリンの舌下錠を服用したり、前胸部にシップを貼ることで抑える事ができます。放っておいても安静にすれば、5〜10分後にはおさまります。

狭心症の発作の回数が多くなる、間隔が短くなるなど、心筋梗塞の前兆と考えられるものもありますから注意が必要

 

心筋梗塞は

冠動脈に血栓(血のかたまり)が詰まる事で、その先へ酸素や栄養が届かなくなり、心臓の筋肉が壊死してしまう病気です。心筋梗塞による胸痛は
狭心症よりはるかに強く

 

冷や汗

 

吐き気

 

めまい

 

などを伴い、そのまま意識を失ってしまうこともあります。血管が完全に詰まっているため、安静にしても痛みはおさまりません。

発作が起きた時は

救急車を呼び、循環器の専門医のいる病院に運んでもらうことが必要

 

高中性脂肪は命にかかわる病気を引き起こすです。症状次第ですが、発作が起きてから1〜2時間が勝負で、処置が遅れると命とりになりかねません。中性脂肪やコレステロール値が高く、家族に心臓病の人がいるケースでは、特に注意が必要

 

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP