動脈硬化は命にかかわる病気の危険性も

命にかかわる心臓・脳障害の原因に生活習慣病の引き金になるあらゆる症状のなかで最もおそろしいのは、動脈硬化でしょう

 

動脈硬化は全身に酸素と栄養を届ける動脈が硬く、もろくなり、それによって血管が詰まって血流が滞ったり、血管壁が破れて出血を起こしたりする直接の原因になります。しかも、動脈硬化は全身のあらゆる動脈で起こります。心臓や脳という人体の生命を維持する上で中心的役割を米たしている臓器内やその周辺でも起こります

 

そうなると命に関わる
狭心症や心筋梗塞などの心臓病

 

脳出血や脳梗塞などの脳卒中

 

の危険性が高まります。

動脈硬化を招く大きな原因の一つが、血中に中性脂肪やコレステロールが異常に増加する脂質異常症です

中性脂肪の増加が大きな原因に

血中の中性脂肪やコレステロールの増加が主な原因となって起こる動脈硬化は、粥状動脈硬化と呼ばれます。

粥状動脈硬化は

 

血管壁に固まりをつくり、血管内部を狭くしていく動脈硬化です。この状態が悪化するとかたまりはどんどん大きくなり、血流がストップしてしまいます

 

粥状動脈硬化は心臓のまわりの冠動脈や脳動脈、腎動脈、頸動脈などに起こりやすい為、非常に危険度の高い動脈硬化とされています。

 

かつては中性脂肪の粒子はコレステロールに内皮細胞の傷ついたところからLDLが内膜に入り込み、酸化されたLDLをマクロファージがどんどん取り込む。そして大きくなって泡沫細胞化し、内皮細胞を持ち上げて内腔を狹くする。・粥状動脈硬化はこのように起こる

 

動脈硬化を予防するには

コレステロールだけでなく、中性脂肪にも注意する必要があるのです

高血圧症や糖尿病などの合併症が危険性を高める動脈硬化の危険因子が、高中性脂肪血症や高コレステロール血症にとどまっているうちは危険度も低くてすみますが、症状を軽くみているうちに高血圧症や糖尿病などの生活習慣病を合併するケースが後を絶ちません

 

そうなると、心臓病や脳卒中の危険性は一気に高まります。中性脂肪値の高い状態を軽視する事は絶対にできないのです

 

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP