よくかんで、腹八分目・が食事の基本

昼食

あなたは仕事や家事の合い間にとる昼食を、10〜15分ぐらいでさっと済ませていませんか?

肥満にとって、実はこのような早食いが最もよくないのです

脳が満腹を感じるまでには、食事を始めてから15〜20分ぐらいかかると言われています。早食いをすると、満腹を感じる前に必要以上に食べすぎてしまうため、エネルギーオーバーとなり肥満につながるのです

 

思い当たる人は、すぐに改善すべき

雑穀米

忙しいからと早食いを続けていると、気づかないうちに習慣となり、時間が十分にある時でさえ早食いするようになってしまいます。一口30回噛む事を目安に、ゆっくり食べる習慣をつけましょう。ご飯ごに雑穀を混ぜるなど、噛む回数を増やす工夫をしてもいいでしょう。

 

よく噛んで

 

ゆっくり食べる

 

少しの量でも十分に満腹感を得られるようになります。そうすれば、食事の量は自然と。腹八分目々になるはずです。肥満の人は、本当は食べすぎているにも関わらず、それに気づいていない人が多いのです

 

もうちょっと食べたい々と思った時には

お茶を飲む

お茶を飲むなどして、しばらく時間をおいてみてください。そのうちに満腹感が起こってくるはずです。さらに、よく噛む事は脳の満腹中枢を刺激して食べすぎを防ぐことに繋がるほか、ボケの予防になるといった効果もあります。ゆっくりよく噛む食事を心がけましょう

 

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP