閉塞性動脈硬化症

中性脂肪値が異常に高いと、動脈硬化症の原因になります。

 

閉塞性動脈硬化症は

 

その動脈硬化が進行していく中で起こります。全身の動脈が硬化して内径に細い部分があちこちに生じ、血流が滞りがちになるのが、閉塞性動脈硬化症です

 

高中性脂肪血症の他
高コレステロール血症

 

糖尿病

 

高血圧

 

喫煙

 

なども閉塞性動脈硬化症の大きな危険因子となります

 

足の壊死が起こりやすくなってしまう

閉塞性動脈硬化症は、特に下肢に起こりやすい病気です。症状が軽いうちは、強い運動をした際などに足にしびれや冷感が感じられる程度ですが、やがて、一定の距離を歩いていると足の筋肉に硬直や強い痛みが生じ、歩けなくなるという症状が出るようになります

 

これを間歌性跛行症といいます。しばらく休んでいると、また歩けるようになります。この症状は、血流が滞って酸素供給が不足するために起こるものです。さらに進行すると、安静時でも足に痛みを感じるようになり、やがて小さい傷などがきっかけとなり、壊死が生じやすくなります

 

閉塞性動脈硬化症の存在が確認できた場合は、全身にいろいろな障害が起きる恐れが出てきます。その代表的なケースが、脳梗塞などの脳血管障害と、狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾
患です。

 

間歇性跛行症の場合には、それが原因となって命を落とすことはほとんどありません。

脳血管障害や虚血性心疾患に見舞われると、命の危険、そこまでいかなくても、生活の質の低下を起こしかねない状態になる心配が出てきます

 

閉塞性動脈硬化症の指摘を受けたら、それ以上の動脈硬化の進行を、できる限り防ぐ手立てをとることが必要

 

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP