高血圧は自覚症状が難しい

高血圧

高齢化社会を反映して高血圧症の患者さんは増える一方で、現在、3500万人〜万人にも達するといわれています。高血圧症と脂質異常症が結びつくと、動脈硬化の危険性は一段と高まってしまいます

 

血圧とは

 

血液を全身に送り出すための力、つまり圧のことで、圧が必要以上に強ければ血液は血管の壁にぶつかり、損傷を与え続けます。

 

血圧は血液の粘度とも深くかかわっています。サラサラした血液であれば、それほど強く押さなくてもスムーズに流れていきますが、トロトロしていると、流すのに大きな力が必要。それだけ心臓は拍動を強めなければなりませんから大きな負担になります。

 

しかも、普通よりも強く押し出された血液は、流れるときに血管壁により激しくぶつかる事になります。そうなると血管壁に傷がつきやすくなり、動脈硬化が一段と進行してしまいます。

 

高血圧症と動脈硬化は互いを悪化させながら進行する

血管壁に傷ができると、粥状動脈硬化か進んで血管の内部が狭くなり、血液は流れにくくなります。そうなるとより大きな圧をかけて血液を押し出さなければなりませんから、血圧はさらに高くなります。

 

高血圧症と動脈硬化はお互いを悪化させながら、重大な病気を引き起こす原因をつくっていく訳です。

高血圧症にトロトロ血液が深く関係

中性脂肪やコレステロールは、命にかかわる心筋梗塞や脳梗塞などの重大疾患の黒幕ともいうべき存在なのです。高血圧症は別名、。サイレントキラーといわれます。自覚症状がないままに動脈硬化を進行させ、脳卒中や心臓病など、重大な疾患の原因になるからです…

 

血圧の正常値の判定は厳しくなる一方で、現在では収縮期血圧(最高血圧)が130未満、拡張期血圧(最低血圧)が85未満です。

 

高血圧症になってもこれといった自覚症状はありませんから、日頃から血圧を自分で測定し、正常範囲内にコントロールすることが大切

 

 

>>中性脂肪を下げるサプリランキング TOP